ガラス製造技術とワイドギャップ半導体のセラミックフォーラム

03-5577-2947
平日: 9:30~18:00

ガラス流量測定装置「VFM」

ガラス流量測定装置「VFM」の特長

VFMはスウェーデンのVitroflow社のガラス流量測定装置です。

VFMはブッシングからの溶解ガラスに含まれる泡の落下スピードと、ガラスの直径を計測し、毎分毎秒正確な溶解ガラスの出湯量を測定します。VFMが適切なブッシングコントローラーと使用された場合、ガラスの流れる量を重量比+/- 0.4%の精度でコントロールできます。その結果、製造されたグラスウールの重量を約5%低下させることができます。

正確に溶解ガラス出湯量を計測できることは、計画通りの生産を可能にします。従来ではグラスウール最終製品の重量を量り、それを目安にブッシングの口径を調節することで、生産量をコントロールしていました。それは過剰・過少生産を招き、コストに影響を与えてしまうことがありました。しかしVFMは製造の段階でコントロールし、無駄をなくし当初の計画通りの製造を提供します。これと同時に正確な測定により、グラスウールの品質や断熱性の向上も得ることができます。

VFMはグラスウール製造業社で使われている様々なイーサネットベースのコミュニケーションプロトコルに対応しています。対応プロトコルはEthernet/IP, Profinet, Modbusなど幅広く及びます。リモートシステムアクセスにより機器の概要、診断、アップデートなどもスムーズに行うことができます。

ご興味のある方は是非お問い合わせくださいませ。

製品メーカー案内

Vitroflow社(スウェーデン)

Vitroflow社はガラス流量計測において50年もの経験のあるスウェーデンの会社です。

スウェーデンの南西の都市ヘルシンボルから、Vitroflow社はこれまでに100機以上の流量測定器を国内外に販売してきました。顧客のいかなるテクニカルトラブルに応えるため、彼らは24時間体制のカスタマーサポートを行なっています。

当社サービスに関するこんなお悩み・ご相談お待ちしております!
  • SiCやGaN などのワイドギャップ半導体に関して質問がある
  • SiCやGaN ウエハに成膜するエピの仕様を決めたい
  • DLTSの測定に関して詳細を知りたい
  • 結晶評価を行いたい
  • ガラスの分析に関して知りたいことがある
  • ガラス溶解炉の生産性向上のための施策を知りたい
お電話でのお問い合わせはこちら
03-5577-2947
平日: 9:30~18:00
WEBからのお問い合わせはこちら